賃貸併用住宅のメリット・デメリット

賃貸併用住宅のメリット

1住宅ローンが利用できる

住宅ローンの基準に適合する賃貸へよう住宅であれば、住宅ローンの低金利での融資が可能です。
一棟アパートやワンルームマンション購入の投資用ローンに比べると、融資金利や期間等がとても有利になります。

2家賃収入をローンの返済にあてられる

家賃収入額がローン返済額を上回れば、返済期間中のローン負担をゼロにできます。

3節税に有利な可能性

賃貸併用住宅は、条件を満たすことで住宅ローン減税を受けることができます。
家賃収入についても所得税がかかりますが、減価償却費やローンの利息、固定資産税、損害保険料などを経費として計上できるため、確定申告を行えば節税できる可能性があります。
また、条件に適合することにより、同規模の建物であれば、全てが自宅の建物よりも相続税を抑えることができます。

4二世帯住宅へのリフォームが容易

もともと1階・2階で別れているいる賃貸併用住宅等は、賃借人が利用していた部分のリフォームさえ実施すれば、独立した二世帯住宅への変更が可能になります。

賃貸併用住宅のデメリット

1物件が少ない

賃貸併用住宅の売り物件は、市場にあまり出回っておらず、中古物件を購入することは難しいです。裏を返せば需要が少ないということになりますので、将来的に売却する際の出口戦略が難しいと言えます。

2賃借人と同じ建物に居住

同じ建物に賃借人も居住しておりますので、上下階・左右の部屋で大騒ぎをする賃借人がいた場合にはトラブルの当事者になります。家賃滞納に対する督促等、お互い顔を合わせるのが気まずい事態になる可能性があります。

まずは無料相談(初回のみ) をお申込みください 不動産投資のお問い合わせはこちら
ページトップへ