これからの年金はどうなる!? 将来に備えるために「個人年金」として!

年金支給年齢の引き上げ、年金支給額の引き下げ等、高齢者への医療・介護費用の負担増など、将来への不安が増加するなか、人口減少と高齢者増加から公的年金そのものが大丈夫なのか?公的年金だけに頼っていて安心できる老後が迎えられないのでは・・・

低金利時代! 今このタイミングを逃すべきではない!
完済すれば家賃収入はそのまま不労所得!

個人年金代わりイメージ画像個人年金=生命保険!?
個人年金保険の場合、受領年齢に達するまでは保険料を払い続ける必要があります。当然、その間は収益を得ることはありません。
マンションなどの投資経営は、ローンの返済が残っていても家賃収入で返済が可能で、賢く資金計画を立てれば、少しずつでも毎月の収益を作ることは可能です。ローンを完済した後は家賃収入がそのまま安定した収入になります。

また、個人年金は死亡すると給付がなくなりますが、マンション経営だとマンションという資産を残すことができるうえ、家賃収入もしっかりと受け取ることが出来ます。
このように、マンション経営は生命保険代わりとしても注目されています。

45歳 公務員

680万円の物件を現金で1,200万円の物件を「頭金100万円」「10年ローン」「金利2.5%」の条件で購入されたケース

家賃収入   ローン返済   毎月の
キャッシュフロー
109,200円 - 103,696円 = +5,540円

現金での購入物件の家賃をローンの返済に充当することで、10年ローンは完済できます。もちろん、毎月のキャッシュフロー重視であれば、長期ローン(30年)を組んで頂くことも可能です。

まずは無料相談(初回のみ) をお申込みください 不動産投資のお問い合わせはこちら
ページトップへ