【コラム】不動産投資を始める前に・・・


近年の局地的大雨や台風等による水害を防ぐには、水はけの良い土地を選ぶのも重要なポイントになります。
低地や沼地や田んぼ、埋立地に住宅を建てた場合、水はけが悪くなりがちです。
水はけが悪いと、地盤沈下による建物の損傷だけでなく、植栽が腐ったり、
カビや腐食による建物の劣化が進行しやすくなったりします。

東日本大震災では、関東でも一部の市で多くの世帯が液状化・地盤沈下の
住宅被害を受けたのは記憶に新しいところですが、水はけが悪い土地は、
地震の際に液状化の被害にあう可能性も高くなります。


水はけの良し悪しを判断するには、雨の日にその土地を見に行くのがおすすめです。
敷地にすぐ水溜りができるような土質なら、透水管を埋める、傾斜を作る、
土を入れ替える、などの対策を検討する必要があります。

また、大雨や台風の到来が予想された際には早めに建物の出入り口や
基礎部分の空気抜きがある場所などへ、土嚢(どのう)や止水版を置いておくと、
浸水被害を最小限度に留めることができます。


また、法務局や役所、図書館などで、
過去その土地の「地目」や「用途」を確認することで、
その土地が昔「田んぼ」や「沼地」、「水路」だった、という情報を得ることができる場合があります。

ハウスメーカーによっては、建築前に第三者機関へ依頼して、
地盤調査の結果を評価させ、適切な地盤改良方法を提案すると共に、
不同沈下に対する責任を保証するシステムを導入しているところもありますので、
そのようなハウスメーカーの立てる住宅であれば安心できます。


また、いざという時に備えて、火災保険や地震保険に入っておくことも大事です。
多くの金融機関では、火災保険への加入が、融資の必須条件になっています。
火災保険には、火災、落雷、破裂・爆発、などの基本補償のみを対象としたものから、
盗難や水漏れなども補償する総合保障タイプのものがあり、
保険料は主に、住居のタイプ、補償範囲、保険金額(保険金の限度額)で決まります。


地震災害については、建物の倒壊や地震による火災などを含めて、
火災保険の補償対象外ですので、別途地震保険を付帯する必要があります。

このように不動産投資をする際に、利回りや駅近などに目を奪われて、
根元的な部分を忘れない様に心掛けることが大事です。

弊社ではこのような不安点も、ご契約前に確認いただける【調査報告書】の作成を承っております。
安心安全な不動産取引をご提案させていただきます。



ページトップへ