【コラム】自己資金は不測の事態での出費の備えと頭金のバランスを検討しましょう


初めて不動産投資を始める時、自己資金をどこまで用意すればいいのでしょうか?

一般不動産投資家は、銀行から融資を受けて物件を購入することが多いのですが、
ローンの審査を通りやすくするには、頭金があった方が有利になります。

そして、物件を買う際には、不動産会社への手数料や税金の支払いなどのキャッシュが必要になります。
また、投資物件へのリフォームなど、物件を購入してから賃貸経営をする中で突発的な経費が発生します。

これらを考えた時、一般的に物件価格の3割程度の頭金と購入時の諸費用として7%分、
賃貸経営で必要となるリフォーム代などの予備費として5%の現金が手元に残るように
自己資金を調達するのが良いと言えます。

できるだけキャッシュでまかなったほうが、
借入額が少なくなるのでオーナーさまの精神的な負担も軽くなるかと思いますが、
不動産投資は長期的な視野で行うものなので、家賃収入から税金や管理費及び修繕積立金、
不動産会社への手数料などの経費を差し引いた実質利回りを見ながら、投資する金額を決定しましょう。


TOKYO大家'Sでは、不動産投資の考え方、物件の選び方などの情報提供を
個別相談やセミナーを通じて行っております。
少しでも気になることがございましたらお気軽にお声掛けください。



ページトップへ