【コラム】サラリーマン投資家

サラリーマンの方で不動産投資を始めている方が近年増えています。「現状の給料とは別に副収入をプラスしたい」、「将来、年金の支給があるか不安」と考える方など理由は様々ですが、サラリーマンでも始められる不動産投資に近年注目が集まっています。今回は、不動産投資を行う場合のサラリーマンならではのメリットについて見ていきましょう。


不動産投資を行う場合に全ての費用を自己資金で賄える方はほぼいらっしゃらないと思います。しかし、そこにサラリーマンが不動産投資を行うメリットが隠れているのです。サラリーマンですので会社から毎月給与が支払われます。この安定した収入があることで銀行の融資の審査が通りやすくなるのです。銀行からの融資が受けやすいということは不動産投資を行う上で非常に有利となります。


サラリーマンとして会社からの給与と不動産投資の収益のダブルインカムを期待できることが一番のメリットではないでしょうか。


また、株式投資のように常に市場の動向をチェックしている必要もないので、本業のサラリーマンとしての仕事と両立をすることが可能なのです。アパート経営の場合でも物件の管理や入居者の管理など、自分で行うには時間と労力が必要となる業務を管理会社へ委託することでご自身の負担を軽減することができます。効率よく不動産投資を行うことで給与+家賃収入を実現でき、年収アップにつながることはとても魅了的に感じるのではないでしょうか。


アパート・マンションを経営することは事業を行っている扱いになります。確定申告を行う必要がありますが、適切に申告することで節税できる場合があります。
会社からの給与とアパート経営での費用を合算して年間収支を計算するわけですが、アパート経営でかかる固定資産税や修繕費など事業を行う上での必要な経費として計上することで節税効果が出てくることになります。


あまり考えたくないかもしれませんが、銀行からの融資に対する返済期間中にご自身が万が一死亡または高度障害者となってしまった場合でも、残されたご家族が残債を支払い続ける必要はありません。
銀行からの融資を受ける際に団体信用生命保険というものに加入することになるのですが、もしもの場合でもこの保険により残債が一括返済される仕組みになっているのです。
その後は返済が完了している状態で家賃収入が入ってきますから残された家族へのサポートとなることでしょう。
また物件を売却することも可能ですので、まとまった金額を手にすることも可能です。このように万が一の場合でも大切な家族に資産を残せることも不動産投資のメリットの一つです。

年金の受給金額の減額や受給年齢の引き上げなど将来の不安が拭えない昨今ですが、アパート経営を行うことで将来会社を退職した後の生活に余裕を持つことが期待できます。
年齢を重ねることでどうしても働き続けることが困難となりますが、不動産投資を行っている場合は、少ない労力で退職後も安定した家賃収入を長期にわたり得ることができるのです。会社に勤めている期間はダブルインカムで他の方よりも多い年収を得ることができ、退職後も家賃収入を得られることは非常に魅了的に感じるのではないでしょうか。


このように、サラリーマンとしてしっかり働いている時から不動産投資を行うことで大きな資産を築くことが可能となります。
しかし、そのためには優良な物件を保有していることが条件となってくることを忘れてはいけません。一般的なサラリーマンの場合、不動産投資の専門知識を持ち合わせている方は多くありません。ましてや会社での本業がありますので、不動産投資について十分に勉強する時間はあまり取ることができないでしょう。


弊社でもセミナーや個人面談を通して、情報提供をしております。 すでに開催したセミナーにも多くの方にご参加頂いており、ご希望があれば個人に合わせた税金対策のご提案を行っております。




ページトップへ